永野ビギナーがユリイカの永野護特集を読んでみた

……久しぶりに真面目に記事を書こうかと思う程度には良い感じにアドレナリンが湧いたわけなのです。

カイゼリン様が表紙を飾る。じゅるり。

永野スキーとしての立ち位置

なぜこういう項目をおいたのかというと、上記の本自体が「論者の興味の立ち位置から永野護を論じる」という構造になっているからに他ありません。
つまり、私自身がどういう部分において永野ワールドを愛し、興味を持っているのかを明かさないことには、感想を述べること自体に意味が無くなってしまうからです。

最初の入り口は、「知り合いに、何度も熱烈にFSSを推してくる人がいたから」という身も蓋もないものです。
その薦め方もすごくて、FSS DESIGNSを開いて、かなり具体的な説明を何度も受けました。初見の人に布教するにはかなり賭けてるなーと今になって思うくらいなのですが(笑)、キャラクターデザインのセンスにその段階でしっかり魅了されてしまったので、単行本を全冊買って、既刊分を一気に読んでしまいました。
ちなみにもちろん、あとでDESIGNSも買いましたけども!GTM観た時も設定資料ほしくてパンフ買いましたけども!

まぁ、そういうわけで一番強い興味は

キャラの服装とその設定萌え

です。ファティマスーツにちゃんと様式の変動があって、しかもデザインがぶっとんでて可愛くて、服飾的ウンチクも一緒に設定に織り込まれているとか、もう、たまりません。時々服やアクセサリーを作ってみたりする人間としては、一種のあこがれですらあります。
その次くらいに「人間の女子キャラのたくましさ」がきて、モーターヘッドの意匠が…とくるので、やはり、男性ファンとは目のつけどころがぜんぜん違うだろうなぁと思われます。
ちなみに、好きなキャラクターはアイシャとヤーボ、好きなMHはエンプレスです。……「わかりやすい」と言われてもいいや。うん。

そこでようやく本編の感想に移ります

とはいえ、全部の論について言及するとそれこそ「A4で1枚でまとめて!長い!*1」という世界になってしまうので、上記の興味範囲に関する論と、読んでいて面白かったものについてのみ言及します。

蘆田浩史×小野原誠「肩、袖、腰…ラインが語りだす物語」(対談)

本職のファッションデザイナーの小野氏とファッション研究者の蘆田氏による対談。
ひたすらFSSの服について語り倒すという対談なので、本を開けてまっさきに読み始めました。
「シルエットの力点が『肩』に集中している」「服飾デザインに関するオブセッションは女性キャラに集中している」といった指摘になるほど…と思いつつ読んでいたところ、こんなセンテンスが。

マンガのいいところって、リアルを意識しないから自由に発想できるんです。立体感や素材感を考えなくていいので、あくまでキャラクターとしてデザインができるんですね。(中略)洋服を作る時って、張りを出すところとか柔らかく見せるところとか、素材感というのをすごく緻密に考えるんです。だからマンガにおけるファッションとは全くの別物ですよね。
*2

これは小野氏の発言なのですが、第一線のデザイナーが、こういうことを文字の形で残したのは本当に重要です。
それ以降の対談の流れでは、「リアルを意識しないデザイン=現実を超える契機」という流れになっていくので、この差異自体は肯定的に扱われるのですが、この差異自体が「オタクとファッション」を混ぜようとする時になかなか意識されづらい部分なので、そういう意味でよい対談たったと思います。

樋口ヒロユキ「『ファイブスター物語』の服飾世界――服飾的異教習合とポストヒューマニズム

つまるところ「永野護の服飾デザインってアレキサンダー・マックイーンとかジョン・ガリアーノに匹敵すんじゃね?」という内容なのですが、根本的なリファレンスの弱さが気になりました。
そもそも、ハイファッション関連のデザイナーとそのデザインが頭に入った状態でこの論を読む人がどれほどいるのか…という。図版は許諾の関係で難しいのは重々承知なので、少なくとも参照可能なURLくらいは付しておくのがこの手の本での態度だろうなぁ*3と思ってしまったわけです。

金田淳子×岡田育「『FSS』はこの男に萌えろ!女子たちのためのFSS(再)入門」(対談)

もちろん、おねーさま達の萌えトークもふんだんにあるのですが、そういう部分ではっちゃけつつ、要所要所で女の読み手としての違和感をゴリゴリと痛快にあぶり出す手腕に川崎のスタバで「ブラボー!」と叫びたくなった一品です!(もちろんいい大人なので叫びませんけど!)
このくだりが本当に痛快。

岡田 ファティマが(中略)……男性の「俺の女が俺のママにもなって自分をかわいがってほしい」という潜在的な欲望が表れてる感じはありますよね。
金田 妻にして母にして娼婦、みたいな。欲望を全部盛りすぎる……(笑)。
岡田 昔はただかっこいいとかかわいいとかで読んでましたけど、おぞましいなぁ。でも、永野先生は男のそういう部分を一周回ってメタに見てるから作中に消化できるんですよね。(中略)だからこそファティマのいる世界における人間女性の側の哀しみや葛藤、星団法の設定まで描けているわけで。足首ばっかみてる男性読者諸君はそこまで読めているのかね?と問いたい。*4
金田 エルメラさんとかアイシャとか、ヤーボとかそれぞれ好みはあるだろうけど、人間の女性キャラはみんな魅力的ですよね。
岡田 脚が太くて悪かったな、ってたくましく生きている感じ。ああいう女性心理まで描ける男性作家は滅多にいませんよね。男の理想としてのかわいいファティマが出る一方、女の二面性とか、女同士の大舌戦とか、男からみて「こええー」ってなるであろう描写も入ってて、あそこは女性が共感しやすい描写だと思うんです。
*5

FSSに手を出したのは社会人になってからなので、読み始めた時には、「確かにファティマは可愛いけれど、その抱えている構造は気持ち悪い、気持ち悪すぎるぞ…」と思っていて、そのあたりの違和感も表明してみたりしたこともあったのですが、それでも普通に読めるのは、作中にそういう反省がちゃんとあるというのは大きいなぁと思っています。*6

その他気になった項目を駆け足で!

永野護ロングインタビュー

ここは言わずもがな!なんですが、孤独と戦うということはこういうことか、というのが垣間見えるインタビューで、とても勇気づけられました。自分が信じるもの、本当に求めるものを作るには、孤独を引き受けないといけないのですね。

ちなみに、CGについて「情感の表現については全然追いついていない」という趣旨の、そのものズバリな指摘*7もあって、CGでリアリティを撹乱する*8にはまだまだ時間がかかるのか…と遠い目をしながら。

武井宏之×西島大介×梅沢和木「神はデザインする――永野護をめぐるトラフィクス」

武井先生、永野マニアだったのか…!というのが一番の衝撃。
対談中も全然喋らないのですが(笑)、こんど久しぶりにマンキン読みなおしてみよう…。完全版で。

飯田一史「Schwingungen――ブランドとしての永野護ファイブスター物語』小論

ひたすらがっちりマーケティング分析をするという異質な(だからこそキラリと光る)論。
むしろ、バリバリの実務家はここから入るのが読みやすそうだと思われます。

*1:と、社会人になってからよく言われるようになりました(←

*2:蘆田浩史×小野原誠「肩、袖、腰…ラインが語りだす物語」 『ユリイカ』第44巻第14号(2012)、P.132

*3:本来であれば、FSS本編に言及する場合も、言及している巻とページの指定は必要なので、その点に関しては次の西川氏の論(というより小説)の態度が一番望ましいです

*4:強調引用者!!(笑)私も問いたい。

*5:金田淳子×岡田育「『FSS』はこの男に萌えろ!女子たちのためのFSS(再)入門」 『ユリイカ』第44巻第14号(2012)、P.167

*6:ファティマと人間女性の境界線を撹乱する存在としてはアトロポスがそうなんだろうなぁという与太も飛ばしつつw

*7:ユリイカ』第44巻第14号(2012)、P.16-17

*8:私が卒論で無理やりブチ上げたテーゼ。

12月に転職いたします

1年半ほどお世話になった会社を明日巣立ち、12月から新しい職場に移ります。
新しい職場では結構ヘビーな勉強が待ち受けているので、
業務のメリハリをつけて、インプットしまくりで明るく勤め上げられるように頑張りたいと思います。

ついでに…現在フリーでもありますので(笑)、それも謳歌しようかと思っております。
久々に都内勤務になったので、各種イベントにも顔を出しやすくなること請け合いです。その時はよしなにお願いしますね。

実に2年の間、ここをそのままにしていたのですね…。
個人的には、学びたいことを気の赴くままに綴ったこの場が好きだったので、これからはここで色々書こうかなと思っております。

2010年11月の読書メーター記録より

まぁ、卒論でギャーギャー言い出した頃だしなぁ。増えるよな。

読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1663ページ

The Language of New Media (Leonardo Books)

ニューメディア論やるならこれ読め!という本。英文は非常に構築的でわかりやすい。
読了日:11月28日 著者:Lev Manovich
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8633885

東京・パリ・ニューヨーク ファッション都市論 (平凡社新書)

東京の捉え方が「外」視点であることに注意せよ。そして、概論ちっくなので食い足りない部分もちらほら……。/あとがきで小林康夫の名が出てくるのは、井伊あかり(経歴読むともろに駒場組)の関係かな。
読了日:11月12日 著者:南谷 えり子,井伊 あかり
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8417902

これが僕の回答である。1995‐2004

デジタル映画技術のコアを正確に見抜いてる点に震える……!
読了日:11月12日 著者:押井 守
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8417895

写真の哲学のために―テクノロジーとヴィジュアルカルチャー

ここからどんな読みを引き出すかは「読者」の問題意識に委ねられている、というおもしろい本。本文も示唆的な記述がみられて面白いけれど、解説が秀逸なので読むべし。むしろ室井さんの本が読みたくなるおまけ付き。
読了日:11月10日 著者:ヴィレム フルッサー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8391931

不完全な現実―デジタル・メディアの経験

面白いけれど、やや食い足りない……「インターコミュニケーション」連載からの再構成と聞いて納得したけれど。
読了日:11月08日 著者:藤幡 正樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8367504

映像論序説―“デジタル/アナログ”を越えて

映像周りの問題系を扱った論者をある程度網羅的に把握するのに好適。映像について何事かを書いてみたい人は必読。しかし、真面目な話、筆者の着地点がよくわからなかった……第三章はもう一度読むべきか。
読了日:11月05日 著者:北野 圭介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8317192


読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

iPadの意外な効用

数カ月前からiPadを活用しているのですが、邦訳作業において、iPadが紙以上に大きな威力を発揮することに気づきました。
これは、英語→日本語の場合だと、日本語の語順を検討する過程が必ずあるのですが、iPadの場合、まずは文頭からざっくり訳して、各節も全部訳した上で、後からカット&ペーストで位置を入れ替えることができるのです。これは紙ではなかなかできない芸当です。だだ、これだけだとパソコンのキーボードでも変わらないのですが、iPad

  • 挿入したい場所をタッチパネルで指定できるので直感的に操作可能
  • 基本的にシングルタスク(iPodで音楽を聞くことはできる)なので、他のタスクに気を取られる確率が減る

という点で優位性があります。
あとは、持ち運びできるBluetoothキーボードがあれば完璧です。iPadのタッチパネル式キーボードは普通ならありえないミスタイプを連発する仕様になっているので……(候補を選ぼうとしてwキー押してしまうとか)。

今格闘しているもの

The Language of New Media (Leonardo)

The Language of New Media (Leonardo)

これ読んでます。
卒論の論の叩き台にこれを使って、議論が抜けている部分・そもそもあまりカバーしていない部分を補強して卒論に仕上げる算段です。「アニメ/実写」という前時代的な対立関係を乗り越えて、包括的に論じようとしている映像理論、という点で興味深い本です。
邦訳が出ていれば勿論そちらを使う予定だったのですが、英語だったら何とか読んでやるかちくしょう、ということで、iPadと辞書と首っ引きで和訳中*1です。
英文は読みやすい(というか、なんだかんだで英語構文の把握力向上したのかも)ので、そんなに苦ではないです。あとは時間との戦い。
ラマールも気にならないわけではないけど、『アニメは越境する (日本映画は生きている 第6巻)』の抄訳読んだ感じだと、どうも私の問題意識とはズレる気がするので、しばらくスルーの方向で。

*1:数多くの引用をする可能性があるので、インデックスとして叩き込む必要があるため。英語のままだと、頭が悪いから流し読みしてしまう……。

第13回広島国際アニメーションフェスティバル行ってきました

どんなイベントなのか?

端的に言うと、「アートアニメ中心の国際映画祭」です。2年に1回のペースで行われているので、次回開催は2012年です。
各国の作家の作品を審査するコンペティションがイベントの中心で、他には「アニメーション作家を目指す学生たちの交流の場」という機能もあるようです。Twitterで見ているとそんな感じでした。
今回行ったのは、卒論の論拠*1を探しに行くという目的が中心でした。もちろん、純粋にアニメーション映画祭に行ってみたかったというのもその理由です。
他にも、アステールプラザの各部屋を使って、各種展示や、アニメーション制作体験*2、持ち込み上映スペースも用意されています。

ちなみに、今回の受賞作はhttp://hiroanim.org/ja2010/03compe/3-06.htmlに載っています。
個人的にはなぜ「ダイバーズ・イン・ザ・レイン」がヒロシマ賞という賞を貰ってるのか良くわからん感じです。*3

行った感触

やっぱり「アートアニメ」が中心なせいか、女性比率が高めです。アニメスタイルイベントとかに慣れていると驚くかもしれないです。あとは、広島という立地で相当フィルタがかかるのか、上映本数・作品などの規模の割には人が少ないです。快適です。
気づくとアニメーション界の大御所達がそこら辺を歩いているという、距離感が歪んている感じも魅力かなぁと思います。日本の商業アニメとは少し違う世界を見るのも、「アニメについて語る」には必須だと思うので、アニメについて何か語ることに興味がある方におすすめしたいと思います!

オススメ作品

虫歯鉄道/cavity express(武藤 健司/日)


Twitterで「虫歯特急」とか書いていた件について。もう死ねる。
これが今回の一押しですね。
キャラも可愛いし、「虫歯予防の啓蒙」が目的の割に全く説教臭くないし、動きもその見せ方も爽快。
中の人も、「くまいもとこショタと中尾隆聖バイキン」という鉄板過ぎる布陣なので愉快。
実はストーリーも続きが気になる仕様となっております。続き見たいぞ!
動画革命東京の公式概要ページはhttp://www.anime-innovation.jp/sys/works.php?itemid=134です。

LOST AND FOUND/まいごのペンギン(Philip Hunt/英)


かわいい繋がりでこれも。ペンギンかわいいよペンギン。
ちなみに会場では、子供のために、字幕の代わりに女性が翻訳セリフを上から重ねていたのですが、その声が超絶かわいらしくて、雰囲気にマッチしていました。プロの仕事でした。

Madagascar, carnet de voyage/マダガスカル、旅日記(Bastin Dubois/仏)


2Dと3Dの境界線を自在に行ったり来たりする映像の質感がたまりません。
導入の仕方も自然なので、難なく変幻自在なマチエールを楽しめる構成になっています。
映像の快楽も追求しつつ、観客を置いていかない工夫が散りばめられているバランスの良さを保っている稀有な作品です。

再来年行くつもりの方へ

  • 宿はアステールプラザ至近のものをとったほうがいいです!
    • 駅前から結構距離があるのです……。
    • 私は今回駅前でした。宿そのものは良かったんですけどね。
  • 昼ごはんは事前に確保!
    • 会場内で出店もあるのですが、やや高いので、事前にコンビニ等で購入しておくといいです。
    • 持ち込み上映をする人はソイジョイ系必須だそうです(byつくだやま先生*4
  • やっぱりコンペは見ておこう!
    • 各日の最後に行われるコンペティションがメインイベントです。コンペティション時だけは他の会場は全く上映を行ないません。
    • その時間帯に会場にいられるように交通機関などを手配するのがベターです。私は深夜バスを使ったので、滞在最終日のコンペティションの時間に会場にいられないという事態が発生しました。うおー!

*1:つまり、「アニメーション」と「実写」の境界線が曖昧になっている、ということを示す論拠です。

*2:子供たちだらけ+係員が子供にしか注意を向けていないので、大きなお友達が制作を体験するのは非常に困難です。気まずいです。場の本来の目的としては最適な状態ですが、入り口の係員さんの発言(「大人でも大丈夫です!」)と実態が食い違っているのはいかがなものかな、と思いました。

*3:私の所属は芸術について色々考えるところですが、構成をわかりにくくすることで神秘性を作るような「お芸術」というものは信用できないです。公式ガイドブック買わないと概要もわからないのは困ったものです……。

*4:北大アニ研の生んだえろい人。公式サイト:http://kane-gen.oops.jp/